海外のごみ分別と伐採について

日本にいるときは家族からごみ分別を徹底するように言われていたので、
海外にホームステイに行ったときはごみ分別をしないので驚きました。
可燃ごみと不燃ごみを分けることをしないだけでなく、
瓶なども一緒にごみ袋に入れて捨てるので、
日本は分別することが当たり前になっていることはすごいと感じました。
ごみに関しては日本の方が分別が進んでいると考えましたが、
木の伐採に関しては海外ではしっかり計画を立てて行っていると感じました。
伐採をした後に若木を植え付けているので、森林の割合が保たれています。
一方で日本の場合は無計画に伐採することが多いので生態系に変化を与えることも多く、
景観も損ねてしまうことがあります。
日本と海外は、それぞれ良いところがあるので、それらを取り入れていくことが求められています。

海外のごみ分別とレンガについて

先日、庭の花壇を新しいものに変えようと、花壇に使用していたレンガを取り除きました。
そしてレンガを処分しようと思ったのですが、果たしてどのように処分すればよいのかと困ってしまいました。
レンガの処分方法について調べていた時に、海外のごみ分別についてふと気になってしまいました。
日本で生活する人は誰もが自治体のごみの処分方法に従ってごみを出していますよね。
燃えるごみや燃えないごみ、プラスチックや缶、ビンなど、その分別の種類は非常に多いものです。
このようにごみ捨てに関して細かいルールや厳しさがある国としては、日本は世界でもトップクラスなんだとか。
これほどに国民がしっかりとルールを守っている国は、他にはあまりないのではないでしょうか。

流体解析で新商品の企画もしますが

友人はとある電機メーカーの研究所で研究員をしています。
あまり詳しくは教えてもらえませんが、
仕事の内容は主に既存の商品を流体解析などで分析し、
新商品の企画を行っているようです。
流体解析というとピンとこないのですが、
モデリング等を仕事にしている人にとっては便利なもののようですね。
彼はそれだけでなく、使用済み商品のリサイクルの整備にもかかわっています。
この部分は詳しく解説してくれるので、まとまったら記事にしたいと考えています。

防水工事とごみの処理

海外のごみ分別のテーマについては、私の友人に海外での滞在経験がある人や、
現在滞在している人が多く、その生の声を取り上げているため、
情報の鮮度には結構自信があるんです。
あと、現地で困ったことがあるとSNSを通じて助けあうことができるので、
このネットワークはとても大事にしています。
さて、現在メキシコの日本法人で働く友人ですが、
ごみ処理と防水工事でトラブルがあり、会社でも困っているそうでSOSがありました。
これもネットワークで解決です。

ごみの分別とリサイクル情報を製本

先日、海外移住する高校時代からの友人へ
海外での生活についての心配ごとの相談を受けていました。
そんなに長い期間ではありませんが、
アメリカの賃貸住宅で生活した経験がありますので、
多少なりとも役に立つかな、とその当時のことではありますが、
生活に関する覚書をまとめて渡したんです。
私が海外のごみ分別やリサイクル事情に興味を持ったのも実際生活したからですので、
そういったこともなるべく詳しくまとめて製本化し、手渡しました。

ウユニ塩湖などの世界遺産のごみ対策

ウユニ塩湖など世界遺産に認定されると、世界中から観光客が押し寄せます。
人が増えるということは、ごみも増えるということ。
世界遺産を管理している世界の国々ではごみの分別や
リサイクルに頭を悩ませていることも多くあるかと思います。
日本では富士山が一時期「ごみの山」と言われていましたから。
さて各国の世界遺産のリサイクル事情は、
各自治体とごみ処理業者の協力で成り立っていることが多いんですね。

電池ケースのリサイクルは?

日本のリサイクルから海外のリサイクルまで、気になることは調べてアップしていますが、
今回は「電池ケース」のリサイクルについて考えてみたいと思います。
というのも友人が電池ケースの製造をしている企業なのですが、
「そういえば電池ケースのリサイクルってどうしてるの?」という質問から始まりました。
友人の会社では電池ケースや充電池のリサイクルを請け負う社団法人を紹介していると聞きました。
海外ではどうなのかも調べてみたいと思います。

プロフェクトからリサイクル情報

最近、海外のリサイクル事情に詳しい方と知り合ったのですが、
その方の勤めているプロフェクトという会社に訪問する機会がありました。
私の仕事との関連があり、連携できそうな感じなのですが、
プロフェクトのリサイクルに関する考え方が素晴らしく、
海外も参考に情報収集を怠らないところは見習いたいと思っています。
訪問した日にもいろいろ教えてもらったので後程まとめてアップしようと思います。
しばらくお待ちくださいね。

花小金井の賃貸マンションは住みやすい

賃貸マンションやアパートを探すとき、ゆずれないポイントを決めておくと探しやすいといいます。
例えば駅から徒歩10分以内とか、水回りが使いやすい、風呂トイレ別などですかね。
私ならゴミの分別がしすい地域や、いつでもゴミ出しできる環境のところ
(管理人さんが常駐している)は譲れないかも。
先日、友人が越したばかりの花小金井の賃貸マンションにお邪魔したんですが、
駅近で、ゴミ出し環境も整っているし、宅配ボックスなんかもあって住みやすそうでした。

海外で給湯器が壊れたらあきらめる?

海外で生活をしたことがある人は、日本に比べて給湯器や水回りなど
生活に密に関わるものが壊れた時にかなりの時間がとられたり、
修理に苦労したりという経験が1度はあるのではないでしょうか。
生活しなくても旅行中にシャワーが壊れ、結局お湯が出ないまま
チェックアウトする羽目になったということもあります。
そう考えると日本は電話すればすぐに業者が駆けつけますし、便利にできていますね。
海外で給湯器が壊れたら気長に待つことが肝要です。